無料相談
受付中
引きこもり支援電話047-307-3676

【元引きこもり当事者の言葉】元寮生リョウさん(28)&コレさん(20)

【元引きこもり当事者の言葉】リョウさんコレさん

ニュースタート事務局YouTubeチャンネルで先日始めた、「元引きこもり当事者の言葉」シリーズ。
第一弾のKくんに続き、ニュースタートの寮を卒業していったリョウさん(入寮時28歳)・コレさん(入寮時20歳)のインタビュー前半の動画を公開しました。

高校時代の不登校、そして引きこもり

リョウさんは引きこもり8年、コレさんは引きこもり2年半で、ニュースタートの寮に来ました。
同時期に寮生活を過ごした仲間です。

どちらの親御さんも、我が子を信じて待っていました。

母はうるさく言わない、
待つっていうスタンスだった

父親が血相変えて『行け』って、
だんだんと待つ姿勢に

この言葉に、ドキッとする親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

子が不登校になったときみたいな本が、
机の上にこれ見よがしに置いてあって(笑)

親子関係は、2人で少し違ったようです。

壁壊してました、
父親に土下座してくれって頼んだ

あまり親に当たることはなかった、
放っといてくれという感じ

ゲームは何も考えないためにやっていた

コレさんは図書館にも通っていましたが、2人ともゲームはしていました。
ただ、「ゲームは楽しかった?」という質問には、どちらからもYESという言葉はなし。

楽しいとかそういう感じは全くなしで、
時間つぶしというか

引きこもりを「ゲーム依存では」「好きなことをしているだけでは」と思っている方には、ぜひ聞いてもらいたい言葉です。

だんだん年を重ねていくうちに、
引きこもっていること自体にも飽きてくる

分かるー、飽きますよね(笑)

「親御さんが押してあげた方が楽」「選択肢の提示を」

親御さんに何を求めるかも、話をしてくれています。

引きこもりが長いと、
自力で動けない感じ

選択肢の提示をしてもらえたら、
楽になった部分はあったかなと思う

その他、2人がニュースタートに来ようと思った経緯なども、話してくれています。

リョウさんとコレさんは、自分でニュースタートを見つけた、珍しいタイプの寮生です。
書籍「ニートがひらく幸福社会ニッポン」がきっかけだったなど、私たちにも意外な話がありました。

2人の生の声を、ぜひお聞きください。