無料相談
受付中
047-307-3676

寄付で応援する

ニュースタート事務局は25年間で、1,600人以上の引きこもりやニートなどの若者の自立支援をしてきました。

支援そのものだけではなく、実際に支援を行っている立場から引きこもりという社会問題の啓蒙活動をすることも、私たちの大きな使命だと思っています。

無料講演会の開催や書籍出版、講師の派遣など幅広い活動のために、皆様からのご支援が必要です。

また支援の現場を維持していくためにも、様々な経費がかかります。

ぜひ皆様のご支援をお願いいたします。

「引きこもり」は個人の問題ではなく、社会問題

寄付の用途

1.若者支援活動

イベント・シンポジウムなどの啓蒙活動の経費
(引きこもりに関する講演会や、若者の生き方などを啓蒙するイベント等の開催経費)

外部の人と作るプロジェクトへの経費
(引きこもり・ニートの世界観を広げることのできる体験や、活動の場を広げるための経費)

その他若者支援全般の経費

2.お遍路ハウス運営及び拡充

お遍路ハウスの維持運営経費
(お遍路ハウスホームページの維持運営、各種対応の人件費等)

お遍路ハウス拡充
(お遍路ハウス説明会の旅費会場費等の経費、新規ハウス訪問経費など) お遍路ハウス四国88に関する情報はこちら

寄付金控除について

ニュースタート事務局は、高い公益性を持った活動をしていると認められた「認定NPO法人」です。
そのため、私たちへの寄付は、税金控除の対象となります。
個人の方の場合、確定申告を行うことで、寄付金から2000円を引いた額の最大50%が戻ってきます(お住まいの地区により異なります)。
法人の場合、一般寄付金の損金算入限度額とは別に、特別損金算入限度額内で、損金として算入することができます。
詳しくは最寄りの税務署にお問い合わせください。

所得税の寄付金控除
(寄付金額-2,000円)× 40%
住民税の寄付金控除
(県民税の控除額(寄付金額-2,000円)× 4%
市民税の控除額(寄付金額-2,000円)× 6%

【例】 年間1万円寄付した場合

(10,000円-2,000円)×0.4
3,200円の所得税控除
+
(10,000円-2,000円)×0.1(都道府県民税+市町村住民税) 800円の住民税控除
=
控除総額
4,000円

寄付の方法

ニュースタート事務局への寄付は、2つの方法からお選びいただけます。

※3,000円以上の寄付をお願いしております。
※ご住所、お名前は、住民票に記載されている正確なものをご記入ください。
※寄付をくださった方には、活動報告の月刊誌『ニュースタート通信』を1年間お送りいたします(必要のない方はその旨をお伝え下さい)

クレジットカードによるお振り込み

カード決済のページより、必要事項のご記入及びご入金をお願いします。
Visa / Mastercard / Amex / JCB / Diners / Discoverの各社がご利用いただけます。

クレジットカードで寄付する

郵便振替口座へのお振り込み

下記口座にお振り込みをお願いします。
ニュースタート通信が不要の場合は、通信欄にその旨をお書きください。

郵便振替口座 00140-0-586388
NPO法人ニュースタート事務局

1口3,000円以上の寄付をしてくださる方が年平均100人以上いることが、認定NPO法人の資格を継続するための要件の一つとなっています。年3,000円のご寄付は大きな助けとなります。
ご協力いただければ幸いです。

よくある質問

Q

寄付金は、具体的にどのように使われているのですか?

A
イベント・シンポジュウムなどの各種啓蒙活動の経費、お遍路ハウス運営及び拡充に使わせていただいております。
詳しくは、寄付の用途をご覧ください。
Q

寄付した際の個人情報はどのように使われますか?

A
プライバシーポリシーをご覧ください。
クレジットカード情報は当団体で保持しておらず、当団体と提携している集金代行会社である「PAY株式会社」が保持します。
Q

寄付をしたら、領収証はどのように発行されますか?

A
寄付の際に記入していただいたご住所に郵送いたします。
確定申告時、寄付金控除の書類としてご利用ください。

ニュースタート事務局は今まで皆様からの寄付により、多くの引きこもり・ニートの社会進出の支援をしてきました。
今後も更に社会に広く貢献できる活動を指針に掲げ、力を尽くしていく所存です。
私たちとともに、大きな悩みを抱えている引きこもり・ニート、また社会のために、より良い未来を届けるご協力を、よろしくお願いいたします。