MENU

法人概要

団体名 特定非営利活動法人 ニュースタート事務局
住所 〒 279-0011
千葉県浦安市美浜 1-3-1006
活動拠点 〒 272-0122
千葉県市川市宝 2-10-18 ニュースタート行徳センター
活動開始年月日 1994年4月
NPO法人設立年月日 1999年11月25日内閣府認証
認定NPO法人

2015年3月25日千葉県認証

2020年3月25日千葉県認証更新

これまでの経緯

NPO法人ニュースタート事務局は、不登校や引きこもりなどの若者をイタリアで過ごさせる「ニュースタート・プロジェクト」が起点となっています。

学校や他人との関係を築きにくくなっている若者たちが、イタリアの農園で共同生活をおくる事によって、人と人との繋がり方を再構築するに至る試みでした。

この「ニュースタート・プロジェクト」の事務局として活動が始まりだったため、このような名称になりました。

1994年4月より準備活動を開始し、同9月より第1回目のプロジェクトを実施しました。 帰国後の若者たちのサポートにも努め、親の会やシンポジウムなども実施、1999年11月にNPO法人格を取得しました。

その後は引きこもりの若者への訪問活動をスタートさせ、また人間体験の場として寮の開設や、仕事体験の場としてデイサービスセンターや喫茶店の開設など、 体験を中心とした支援活動を継続してきました。

現在は就労とその継続にも支援範囲を拡げ、「働き・仲間・役立ち」の考え方で若者たちの就労を支える活動を行っています。

ニュースタートのサポートスタッフ

活動理念「家族をひらく」

「ニュースタート・プロジェクト」で若者たちを受け入れてくれたイタリア人は、「子どもを育てるのに2人の親では足りない」と当たり前のように言いました。

しかし現代の日本は核家族が中心で隣近所との関係も希薄になっており、親戚や近所の人など親以外の人が育ての一端を担うのは難しい状況です。

問題が起これば家族内で解決しなければならないと考える親も多く、これが問題の長期化や深刻化に繋がっています。 近所の人などの助けを借りられないのであれば、それ以外の育ての一端を担う存在が必要です。

私たちは、そんな存在の1つになれればという思いで活動しています。

家族をひらいて、みんなで問題に向かいましょう。

最初から、2人の親だけでは足りないのですから。

最近の講演・講師実績

●2019年

3月17日(日)  行徳センターにて若者講演会を開催、50人が参加

5月18日(土)  千葉県にて講演会を開催、51人が参加

5月19日(日)  神奈川県にて講演会を開催、56人が参加

5月25日(土)  埼玉県にて講演会を開催、94人が参加

5月26日(日)  東京都にて講演会を開催、74人が参加

6月2日(日)    東京都にて講演会を開催、81人が参加

8月25日(日)  行徳センターにて若者講演会を開催、53人が参加

10月19日(土) 埼玉県にて講演会を開催、60人が参加

10月20日(日) 千葉県にて講演会を開催、47人が参加

10月26日(土) 神奈川県にて講演会を開催、47人が参加

10月27日(日) 東京都にて講演会を開催、75人が参加

11月4日(月祝)  東京都にて講演会を開催、50人が参加

 

20190525.jpg

 

 

●2020年

2月12日(水)  川崎市麻生区「地域でともに生きるを考える懇談会」に講師派遣

2月27日(木)  我孫子市「生活困窮者支援制度における庁内研修会」に講師派遣

6月17日(水)  「第1回 ひきこもり状態にある方々など生きづらさを抱えている方々に関する衛藤大臣と有識者等との政策対話」に有識者として参加

 

最近のメディア掲載実績

●2019年

1月18日(金) BBC

  動画 https://www.bbc.com/news/av/stories-46885707/rent-a-sister-coaxing-japan-s-hikikomori-out-of-their-rooms

  ラジオ https://www.bbc.co.uk/sounds/play/w3cswvrr

5月15日(水) 読売新聞朝刊

5月31日(金)21:00~  NHK「ニュースウオッチ9」

6月3日(月)13:45~ フジテレビ「直撃LIVEグッディ!」

6月4日(火) 読売新聞オンライン

  https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190604-OYTET50015/

6月10日(月)9:50~ フジテレビ「ノンストップ!」

6月10日(月) 小学館週刊ポスト6月21日号

6月12日(水) NEWSポストセブン

  https://www.news-postseven.com/archives/20190612_1389046.html

6月13日(木) NEWSポストセブン

  https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0613/sgk_190613_8263955565.html

6月13日(木) 西日本新聞

  https://www.nishinippon.co.jp/item/n/518126/

6月20日(木) 朝日新聞夕刊 「花谷寿人の体温計」

6月22日(土)9:00~ NHK「週刊まるわかりニュース」

6月22日(土)16:30~ テレビ朝日「スーパーJチャンネル」

9月2日(月) 日本式 http://www.nihonshiki.jp/article.php?sn=66

10月3日(木) 朝日新聞朝刊

10月3日(木) 読売新聞朝刊

11月4日(月) 読売新聞朝刊

12月12日(木) テレビ朝日「グットモーニング」

 

創始者よりごあいさつ

二神 能基(ふたがみ のうき)

二神 能基(ふたがみ のうき)

 

1943年生まれ
早稲田大学卒。
郷里愛媛県にて、学習塾と幼稚園経営の後、世界各地の教育プロジェクトに参画。

1994年に「ニュースタート事務局」設立。
早稲田大学講師、文部科学省、千葉県などの各種委員を歴任。
2011年に代表を若者に譲り、理事に。現在も講演会やメディアへの出演を行う。



人生、いろいろである。
この生き方が正しいなんてものはない。
20世紀の後半の日本は、貧乏から脱出するために経済成長に人生を賭ける時代で、みんなエコノミックアニマルにならざるを得なかった。今や日本は世界有数の経済大国であり、経済的には成熟している。
エコノミックアニマルから人間に戻ろう。
経済成長のおかげで、人間としての多様な生き方の基盤は整っている。
21世紀に生きる若者には、それぞれの個性で、多様な生き方、働き方、人生の楽しみ方、そしてそれぞれの新しい普通の幸福を追求してもらいたい。
私は、人生ときどき引きこもり、ときどき起業者、ときどき隠居、ときどきニート、いろいろやってみた。「2勝3敗」の負け越し人生を楽しんできたように思う。私の体験から、不登校、ニート、引きこもりの期間は、充電の時なのであろうと感じられる。
そして普通の人間にも「一寸の虫にも五分の魂」はあり、
五分の魂を磨いている期間であると信じている。

 

 

ニュースタート事務局のあゆみ

1994年4月:『ニュースタート事務局』としての活動を開始
1998年8月:『レンタルお姉さん』が誕生、引きこもりの若者への訪問活動を開始
1999年10月:共同生活寮第1号をオープン
1999年11月:NPO法人格を取得
2000年11月:仕事体験の場第1号として、高齢者向け通所介護事業所を開始
2002年1月:飲食業営業許可証を取得し、『普段料理の店マンマ』を開店
2005年3月:厚生労働省委託の『若者自立塾』を開始
2006年3月:飲食業営業許可証を取得し、『キッズベーカリー おかあさんといっしょ』

      (現在の『カフェベーカリー えんがわ』)を開店

2008年5月:厚生労働省委託の『地域若者サポートステーション』事業を開始
2015年3月:認定NPO法人格を取得

2016年3月:お遍路ハウス1軒目がオープン

 

財務諸表

・2018年度決算書

・2017年度決算書

・2016年度決算書

引きこもりやニートに関する無料相談を実施しています。
047-307-3676

例:田中 太郎
例:info@newstart-jimu.com
例:0473073676
認定NPO法人ニュースタート事務局
アクセス

〒272-0122
千葉県市川市宝2-10-18 ニュースタート行徳センター

駐車場
徒歩2分の距離にコインパーキングあり

電車でのアクセス
東京メトロ東西線行徳駅下車、徒歩約15分

詳しいアクセスはこちら
認定NPO法人ニュースタート事務局
お遍路ハウス四国88

電話番号

アクセス

〒272-0122
千葉県市川市宝2-10-18 ニュースタート行徳センター

駐車場
徒歩2分の距離にコインパーキングあり

電車でのアクセス
東京メトロ東西線行徳駅下車、徒歩約15分


© 2020 認定NPO法人ニュースタート事務局 All rights reserved.