MENU

2018年2月10日、第12回ニート祭り開催!

2017年12月28日

第12回ニート祭り「ひきこもらず、ニート的感性で生きる!」を開催します!

お申し込みはこちら(Peatixページ)から。

 


2018.jpg

 

 

“ニートは幸せであるべき”という発言が衝撃を呼び起こした

2017年ニート祭りから1年。


しかし“完全無為な生活でいい”と思えるほど

私たちは強くない。


ひきこもるのでなく、

会社や仕事に“壊される”のでもなく、

大切なのはきっと、

“ニート的感性を手放さずに生きること


今年は、ニートにちなんで【 210人のニートたち 】を集めて

決起集会を開催します。


ニュースタートからも新たなプロジェクトを旗揚げして、

皆さまをお迎えします。

 

 

● 第一部(18:00~)朗読劇

 

 若者たち、スタッフの本音を朗読劇でお送りします。

 

 

● 第二部(18:40~)トークライヴ  ゲスト:葉梨はじめさん、吉田かつやさん、小林園子さん、山瀬健治さん


 ひきこもるのではなく、無理な労働に自分を合わせるのでもなく、ニート的な感性を守って生きる―

 そんなことはできるのか?

 …その先にどんな幸せがあるのだろう?
 刺激的なゲスト、ニュースタートの若者と一緒に考えます。

 

 

葉梨はじめさん  ● 山奥ニート、NPO法人「共生舎」スタッフ

 

 働きたくない気持ちを抱えながらも優等生でもあり、やり過ごしていた。

 しかし大学の教育実習で挫折、ニートの道を模索する。

 和歌山のNPOが山奥の古民家で管理人を募集していることを知り、2014年より移住。

 廃校になった学校に仲間を集め、現在13人前後の男たちと共同生活を続けている。
 昨年8月、名古屋の会社員の女性と結婚する。

 

吉田かつやさん ● 九十九里「Bライフ」実践者

 

 86年生まれ。

 高校卒業後、食品会社で正社員として勤務するが、現場監督を任されるようになってから心労が重なり、体を壊して退社。

 精神的に不安定な状態に陥るが、安い土地を買い自由に住む「Bライフ」というライフスタイルをネットで知る。

 ほどなく九十九里町に50坪50万円で土地を購入、さらに自力で小屋を建て、Bライフをスタートさせている。

 

小林園子さん ● “We need you!プロジェクト”代表


 

精神的に困難を抱えた方の支援経験を経て限界を感じ、「脱・支援者」して2年余。

退職と同時に、ともに働き、成長するための場“We need you!プロジェクト”をスタート。

便利屋業の親方として人生修行中。

 

 

new! 山瀬健治さん ● “株式会社「ウチらめっちゃ細かいんで」COO

 

 

大学中退後、「2~3年働いては適応障害で退職」を繰り返すが、2年前ようやく発達障害の診断を受ける。

2017年12月、ひきこもり経験者・当事者らが安心・安全に働けるIT系株式会社「ウチらめっちゃ細かいんで」の設立に参画、最高執行責任者となる。

 

 

中本英彦 ● 認定NPO法人ニュースタート事務局

 

低負担で楽しく暮らせるシェアハウスを今春からスタート予定。

 

 

日時 ● 2018年210日(土)18:00~20:00(開場17:30)

 

会場 ● タワーホール船堀2階イベントホール平安)

 (東京都江戸川区船堀 4丁目-1ー1 / 都営新宿線「船堀」駅 徒歩1分)

 

参加費 ● 500円

 事前のお申込み・お支払いが必要です。

 お申込みはこちら(Peatixページにジャンプします)から。

 クレジットカード決済、コンビニ支払いなどが選べます。

 

新着記事

あっという間に、2018年になりました。 ここで、2017年に開催した講演会及びイベントを、簡単にまとめておきます。   今年度もあまり変わらないスケジュールで進むかと思います。 今後参加してみたい方は、参考にしてください。     

「ニュースタート星だまりライヴvol.64             “ERA” special!」を開催します!  壷井彰久 violin  ✖  鬼怒無月 guitar       日時:2018年1月7日(日)18:

親が安心する優等生は、引きこもり系     そもそも優等生は引きこもりやすい、というのが私の実感です。       勉強は部屋に引きこもって、一人でするものです。    しかも10代のもっとも多感な時期に、受験戦争の真っ只中に

人気記事

この記事の関連記事

大人や仕事のモデル(見本)が少ない   とはいえ、「ただの人として楽しく生きろ」といっても、言葉だけではなかなか伝えにくい。   そこで、「ただの大人たち」と交流する機会として、「鍋会」という企画が私たちのところにはあります。  

  ただの人として、楽しく生きる  なかなか「働けない」ニートの若者に対して、私は     「ただの人として、楽しく生きればいいんだ」     という言葉をよく投げかけます。           日本の社会は

  ひきこもり・ニートの若者講演会「働けなかった僕たちの本音」を行徳センターにて開催しました。 その中で今回は、集中訓練プログラムに参加していたSくんの話を抜粋しました。   (集中訓練プログラムとは・・・  地域若者サポートステーション


アーカイブ

2017

最新記事


© 2018 認定NPO法人ニュースタート事務局 All rights reserved.